【第8回空欄テキスト】ブルゴーニュ地方ー1

ブルゴーニュ地方

 

【ブルゴーニュの特性】

ボルドーと並びフランスおよび世界においてワインの銘醸地として知られる。

ボルドーは数種のぶどうをアッサンブラージュするのに対し、ブルゴーニュでは単一品種でワインを造る。またワイン生産者をボルドーでは「シャトー(大規模)」と呼ぶのに対し、ブルゴーニュでは「  」と呼ぶ。

ブルゴーニュワインの輸出比率は  %であり、これはフランスワインで最も比率が高い。日本はブルゴーニュワインの輸入量は数量・金額ともに第  位。

答えを表示

 

シャブリ地区

【シャブリ地区の特性】

ブルゴーニュ地方の最北部に位置する、言わずと知れた白ワインの銘醸地。石灰岩と泥灰岩と小さな牡蠣の化石を含んでいる土壌(  )が有名。

答えを表示

 

【シャブリ地区の主要AOC】

AOC 生産色 生産量
プティ・シャブリ(Petit Chablis)   
シャブリ(Chablis)   
シャブリ・プルミエ・クリュ(Chablis Premier Cru)   
シャブリ・グラン・クリュ(Chablis Grand Cru)   
答えを表示

 

【シャブリ地区のグラン・クリュ】

ヴァルミュール 

答えを表示

 

この中で  が最大面積を誇り、  が最小面積である。

    にまたがる畑があり、これはシトー会修道院が所有しているムートンヌという畑である。正式なグラン・クリュではないが、特別にグラン・クリュを名乗ることを許されている。

答えを表示

 

 

グラン・オーセロワ地区

【グラン・オーセロワ地区の主要AOC】

AOC 生産色 概要
   ヨンヌ県で唯一の赤のAOC
   ソーヴィニョン・ブラン
   シャルドネ
答えを表示

 

コート・ド・ニュイ地区

ディジョンの南に位置し、生産量の90%がピノ・ノワールから造られる赤ワインで有名な産地。

答えを表示

 

 

【コート・ド・ニュイ地区の広域(レジョル)AOC】

村名AOC 生産色
ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ   
答えを表示

 

【コート・ド・ニュイ地区の村名(コミュナル)AOC】

村名AOC 生産色
マルサネ(Marsannay) 赤・白
マルサネ・ロゼ(Marsannay Rose) ロゼ
フィサン(Fixin) 赤・白
ジュヴレ・シャンベルタン(Gevrey-Chambertin)
モレ・サン・ドニ(Morey-Saint=denis) 赤・白
シャンボール・ミュジニィ(Chambolle-Musigny)
ヴージョ(Vougeot) 赤・白
ヴォーヌ・ロマネ(Vosne-Romanee)
ニュイ・サン・ジョルジュ(Nuits-Saint-Georges) 赤・白
コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ(Cote de Nuits-villages) 赤・白

  がコート・ドニュイで面積最大のAOC

※ フラジェ・エシェゾー村には村名AOCが存在しないので、隣のヴォーヌ村

のAOCを名乗ることができる。

※ コート・ド・ニュイ・ヴィラージュは、いくつかの村で生産が認められる

答えを表示

 

▶ マルサネ村

ブルゴーニュでは唯一、赤・白・ロゼの3種類のワインを生み出す

コミュナルのAOCのみで、プルミエ・クリュとグラン・クリュはない。

 

▶ フィサン村

プルミエ・クリュはあるが、グラン・クリュはない。

一級畑 生産色
クロ・ド・ラ・ペリエール(Clos de La Perriere) 赤・白
クロ・ナポレオン(Clos Napoleon)

 

▶ ジュヴレ・シャンベルタン村

コート・ド・ニュイで最大の産地。コート・ドールでは2番目。プルミエ・クリュもあり、グラン・クリュの数も多い。

一級畑 生産色
クロ・サン・ジャック(Clos Saint-Jacques)
レ・カズティエ(Les Cazetiers)
ラ・ペリエール(La Perrier)
シャンポー(Champeaux)

 

特級畑(9) 生産色
シャンベルタン(Chambertin)
シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ(Clos-de-Beze)
シャルム・シャンベルタン(Charmes)
マゾワイエール・シャンベルタン(Mazoyers)
シャペル・シャンベルタン(Chapelle)
グリオット・シャンベルタン(Griotte)
ラトリシエール・シャンベルタン(Latricieres)
マジ・シャンベルタン(Mazis)
ルショット・シャンベルタン(Ruchottes)

  はAOCとしてシャンベルタンを名乗れる

  はシャルム・シャンベルタンを名乗れる

答えを表示

 

答えを表示

 

▶ モレ・サン・ドニ村

一級畑 生産色
レ・リュショット(Les Ruchots) 赤・白
レ・ソルベ(Les Sorbes)
クロ・デ・ゾルム(Clos des Ormes)
特級畑(5) 生産色
クロ・ド・ラ・ロッシュ(Clos de la Roche)
クロ・サン・ドニ(Clos Saint-Denis)
クロ・デ・ランブレ(Clos des Lambrays)
クロ・ド・タール(Clos de Tart)
ボンヌ・マール(Bonnes-Mares)の一部

 

▶ シャンボール・ミュジニィ村

コート・ド・ニュイの中で唯一白のグラン・クリュが存在する。

ボンヌ・マールの一部はモレ・サン・ドニに属するが、大部分はシャンボール・ミュジニィに属する。

一級畑 生産色
レ・ザムルーズ(Les Amoureuses)
レ・シャルム(Les Charmes)
レ・クラ(Les Cras)
特級畑(2) 生産色
   赤・
  
答えを表示

 

▶ ヴージョ村

プルミエ・クリュも存在するが、村の大部分をグラン・クリュが占める。

一級畑 生産色
ル・クロ・ブラン(Le Clos Blanc) 赤・白
レ・クラ(Les Cras)
特級畑(1) 生産色
クロ・ド・ヴージョ(Clos de Vougeot)

※ コート・ド・ニュイのグラン・クリュで面積最大

 

▶ フラジェ・エシェゾー村

村名AOC、プルミエ・クリュは存在しないので、隣接するヴォーヌ・ロマネの村名AOC、プルミエ・クリュを名乗ることができる。

特級畑(2) 生産色
グラン・エシェゾー(Grands-Echezeaux)
エシェゾー(Echezeaux)

 

▶ ヴォオーヌ・ロマネ村

きら星のごとく輝くグラン・クリュが存在する。

一級畑 生産色
レ・ゴーディショ(Les Caudechots)
レ・スショ(Les Suchots)
オー・マルコンソール(Aux Malconsorts)
クロ・デ・レア(Clos des Reas)
レ・ボーモン(Les Beaux Monts)
レ・ショーム(Les Chaumes)
特級畑(6) 生産色
  
  
  
  
  
  

※ ラ・ロマネは  haと、フランス全土で面積最小のAOC

答えを表示

 

答えを表示

 

 

▶ ニュイ・サン・ジョルジュ村

プルミエ・クリュは存在するが、グラン・クリュはない。

一級畑 生産色
レ・ヴォークラン(Les Vaucrains) 赤・白
オー・クラ(Aux Cras)
クロ・デ・ザルジリエール(Clos des Argillieres)

 

【コート・ド・ニュイ地区のまとめ】

▶ AOCについて

  はコート・ド・ニュイで唯一ロゼのAOCがある

・シャンベルタン・クロ・ド・ベーズを  を名乗れる

マゾワイエール・シャンベルタン  を名乗れる

・面積が最大なのは  

・生産可能色が赤のみのAOCは      の3つ

答えを表示

 

▶ グラン・クリュについて

・ボンヌ・マールは    にまたがる

・面積が最大なのは  

・面積が最小なのは    ha

  は唯一白のグラン・クリュを有す(他グラン・クリュは全て赤)

答えを表示