【二次】テイスティングシートの解答方法(白ワイン)

基本的には「薄い」とこ「濃い」の2軸で考えていくとお伝えしていますが、実際にどうやって答えていくかをお伝えいたします。

テイスティングシートの選択肢を基に考えていきます。

白ワインのテイスティングシート

基本的には「薄い」と「濃い」で考えていきますが、選択肢によってはどちらに当てはまらないものや、選択肢として正しくないもの(使用しないもの)もあります。
また外観に関しては「薄い」と「濃い」という軸からよりも、シンプルに見た目から判断したほうがいい場合があります。

 

1.外観

<清澄度>
ワインの透明度に関する項目です。
選択肢が「澄んだ」、「やや濁った」、「濁った」とありますが
基本的には「澄んだ」で大丈夫です。
「濁った」という表現はあまり適していません。

<輝き>
ワインの酸度に関する項目です。
選択肢が「輝きのある」、「落ち着いている」、「モヤがかかった」とありますが
「モヤがかかった」は選択肢から外してかまいません。
「輝き」と「落ち着き」に関しては薄い、濃いという観点からは統一しづらいので、単純に見た目で判断してください。

強いて言えば、輝きは酸度に関するものなので
輝きのある=新世界
落ち着いている=先進国
と判断できるかもしれません。

<色調>
味わいに直結しやすい項目です。
基本的には見た目で判断していただいて大丈夫ですが、「薄い」と「濃い」での判断基準も示します。

味わい 薄い     →      濃い
色調 透明 黄緑 黄色 黄金

選択肢の「トパーズ」と「アンバー」は選択肢から外して大丈夫です。
試験では基本的には出ません。

<濃淡>
これも味わいに直結します。

味わい 薄い     →      濃い
濃淡 薄い 淡い やや濃い 濃い 非常に濃い

「非常に濃い」という選択肢はあまり使わないと思います。

<粘性>
これも味わいに直結します。
グラスをスワリングして、グラスの壁面をワインの雫がどのように垂れるかを判断してください。

味わい 薄い     →      濃い
粘性 さらっとした やや軽い やや強い 強い ねっとりとした

「ねっとりとした」はあまり使わないですが、リースリングの甘口であればこれが当てはまります。(あまり出ませんが)

<外観の印象>
10個も選択肢はありますが、8~10の「酸化」系統の選択肢は外して大丈夫です。

味わいが「薄い」ものは「軽い」と選択しておけば無難です。
「若い」でもいけそうな気もしますが、味が濃くてもフレッシュで「若い」ものはあるのでよほど自信がない限り選ぶべきではないかもしれません。

味わいが「濃い」ものは「凝縮感が強い」を選択しておけば無難です。
「熟した」系統に関する選択肢はヴィンテージに直結してくるので、自信がない場合は選ばない方がいいかもしれません。

故に
薄い=軽い
濃い=凝縮感が強い
と選ぶとよいでしょう。
※100%正解するという訳ではありません

2.香り

<第一印象>
これはそのままの印象で大丈夫です。
薄い=控え目
濃い=しっかりと感じられる、力強い

南アのシュナン・ブランや、NZのソーヴィニョン・ブランなどは「力強い」ですが、
他の「濃い」系ワインは「しっかりと~」を選んでおいたほうが無難かと思います。

<特徴(果実・花・植物)>
出題年によって変わりますが、恐らくは「果実」グループと「花・植物」グループに別れます。
(例)「果実」から1種類、「花・植物」から1種類ずつ選べ

1.果実系
たくさんありますが、簡単です。
「薄い」=柑橘系の「レモン」、「グレープフルーツ」、「りんご」当たりを選択しておけば大丈夫です。
「濃い」=「メロン」、「洋ナシ」、「パイナップル」、「パッションフルーツ」当たりです。
もちろん他の香りが正解となる場合もありますが、上記のパターンの中から選べば高確率で正解します。

2.花・植物
「薄い」=「白バラ」、「すいかずら」、「ヴェルヴェーヌ」、「菩提樹」当たりが正解です。
「濃い」系統のワインも薄いワインとさほど変わりませんが、「くるみ」、「ヘーゼルナッツ」が選択肢としてあり得ます。
ナッティーな香りがするものは正直テストにはあまり出ないと思うので(2018年は出ましたが)、「すいかずら」、「菩提樹」当たりが無難です。
なので「薄い」「濃い」どちらでも「すいかずら」、「ヴェルヴェーヌ」、「菩提樹」当たりが共通して正解となる場合が多いです。
花・植物系統はハッキリ言って出題する側も正解を設定するのが難しいので、上記の内容でパパッと答えても大丈夫だと思います。

<香辛料・芳香・化学物質>
これもたくさん選択肢ありますが、実際に使用できるのには限りがあります。

「薄い」=「貝殻」、「石灰」、「火打石」の3つどれか選んでおけば大丈夫です。
「濃い」=「コリアンダー」、「香木」が無難です。
「樽」の香りが感じられれば「トースト」、「バター」、「ヴァニラ」を選んでください。
樽香は一度覚えると簡単なので、どこかでテイスティングして覚えてしまいましょう。
※ご自身で購入する場合は以前お伝えした「アントニャック」がお手頃に手に入るかと思います
もしくは近くのワインショップで、「樽香の分かりやすいやつください」と言えば出てくるはずです

他にも選択肢はたくさんありますが、突飛なものが多いので無視しましょう。

<香りの印象>
「薄い」「濃い」に限らず「若々しい」や「嫌気的」を選べば無難です。
「嫌気的」とはいわゆる酸素に触れていない状態を指すのですが、試験に出題されるワインは共通してこの表現(正解)とされることが多いです。
あとは「第一アロマ」か「第二アロマ」ですが、ミュスカデや甲州といった水みたいなシャバシャバしたワインは「第二アロマ」を選んでください。
他は「第一アロマ」を選んでおけば大丈夫です。
上記の「香辛料」の欄で「ヴァニラ」や「トースト」、つまり樽香のするワインであれば「木樽からのニュアンス」を選択してください。

 

3.味わい

<アタック>
これに関しては「やや軽い」か「やや強い」の二択です。
「薄い」=「やや軽い」を選んでください。よっぽど薄いものは「軽い」を。
「濃い」=「やや強い」を選べば大丈夫です。
ただし、樽香のするものは「強い」を選んでください。

<甘み>
はっきり言って、ピンポイントで当てることはできません。
故にご自身の主観で選べば大丈夫です。
「残糖がある」はほぼあり得ないです。

味わい 薄い     →      濃い
甘み 弱い まろやか 豊か

<酸味>
これは「爽やか」の一択です。
あまり酸味が感じなければ「キメ細かい」や「やさしい」はありますが、よほど自信がない限りは「爽やか」の一択で。
「ツン」とするような酸味(ドイツのリースリングなど)を感じる場合は「ストレート」を選びましょう。

<苦味>
これも「コク(深み)を与える」の一択です。
「穏やか」も候補として上がりますが、「コク」の方が出現率は高いです。

<バランス>
バランスといえばイメージし辛いですが、以下の表を基に考えてください。

酸味 甘み 選択肢
強い 強い 厚みのある
強い 弱い ドライ、溌剌
弱い 強い まろやかな、スムースな
弱い 弱い

迷った場合、「薄い」系統は「スムース」なを選んでください。
新世界の黄色い「濃い」系品種であれば「厚みのある」が無難な解答かと思います。
新世界の緑の「濃い」系品種(NZのSB)であれば「溌剌」当たりです。

<アルコール>
味わいの濃さと直結します。
5と6はほぼ使わず、どんだけ感じても「やや強め」までが選択範囲内だと思います。

味わい 薄い     →      濃い
アルコール 軽い やや軽い 中程度 やや強め

「薄い」系統ワイン=「軽い」か「やや軽い」
「やや軽い」のが出現率は高いです

「濃い」系ワイン=「中程度」か「やや強め」
「やや強め」のが出現率は高いです

 

<アルコール>

味わい 薄い     →      濃い
アルコール 短い やや短い やや長い 長い

「薄い」=「やや短い」
「濃い」=「やや長い」
を主軸に考えれば大丈夫です。
よっぽど軽いもの、よっぽど濃いものは状況に応じてそれぞれ選んで頂ければ大丈夫です。

<フレーヴァー>
選択肢として登場するかわかりませんが、一応。

「薄い」=「フレッシュ」、「フルーティー」、「ミネラル感」
「濃い」=「凝縮」、「フローラル」、「木樽」
当たりです。

<評価>
上記までに選んだ選択肢を基に考えてください。

「薄い」=「シンプル」、「エレガント」
※「シンプル」の方が出現率は高いです

「濃い」=「成熟度」、「濃縮」、「ポテンシャル」
※「成熟度」が一番出現率は高いで

 

あとは前回に示している通りです。
上記はあくまでも軸として考えてください。
ただ、迷った場合は上述のルールで解答していけばある程度は正解すると思います。

 

過去に出題された品種の模範解答

 

1. トロンテス 2016(アルゼンチン)

 

2. リースリング 2016(フランス)

 

3. リースリング辛口 2016(ドイツ)

 

4. シャルドネ 2015(オーストラリア)

 

5. 甲州 2016(日本)

 

6. ソーヴィニョン・ブラン 2015(チリ)

 

7. ミュスカデ 2016(フランス)

 

8. ソーヴィニョン・ブラン 2012(フランス)

 

9. リースリング 2014(フランス)

 

10, リースリング 2013(オーストラリア)

 

11. シャルドネ 2012(フランス)