【第20回テキスト】アメリカ

アメリカ

 

アメリカの概要

太平洋側はカリフォルニア海の影響で冷涼、内陸部になるほど暑くなる。

1849年、ゴールドラッシュにより人口が急増しワインの生産も拡大していく。

1800年代後半に、フランス人のジャン・ルイ・ヴィーニュによってヴィティス・ヴィニフェラ系のぶどうが持ち込まれた。1873年ソノマでフィロキセラ被害が初めて発見され、ヴィティス・ラブルスカ系を台木にした接木で対応。1920年の禁酒法により酒類業界は大打撃を受けるが1933年に解禁されワイン業界は発展していく。ワイン生産量は約3400万hℓ、州別生産量は

1位:カリフォルニア州(約80%)  3位:ニューヨーク州  

2位:ワシントン州          4位:オレゴン州

1976年にパリテイスティング(パリスの審判)と呼ばれるブラインド・テイスティングでカリフォルニアのワインがフランスのワインに勝つ結果となった。

白ワインはシャトー・モンテレーナのシャルドネ、赤ワインはスタッグス・リープのカベルネ・ソーヴィニョン。

 

主要ぶどう品種

【白ぶどう】

品種名 概要
シャルドネ 生産量1位
フレンチ・コロンバール

 

【黒ぶどう】

品種名 概要
カベルネ・ソーヴィニョン 生産量2位
ピノ・ノワール
ジンファンデル プリミティーヴォ
ルビー・カベルネ カベルネ・ソーヴィニョン×カリニャン

 

アメリカのワイン法

アメリカのワイン法は1978年に制定され、1983年に改定された。A.V.A.(American Viticultural Areas)は米国政府認定ブドウ栽培地域の意味で、アルコール・タバコ課税及び商業取引管理局(TTB=Alcohol and Tobacco Tax and Trade Bureau)が品質を管理している。アルコール度数は7%以上14%以下でないといけないが、±1.5%は認可されている。

ラベル表示 ぶどう割合 例外
州名 75% オレゴン州:90%
群名 75% カリフォルニア州:100%
品種名 75% オレゴン州:95%
AVA名 85%
畑名 95%
AVA以外×収穫年 85%
AVA×収穫年 95%

 

 

▶ ヴァラエタル(Varietal)

ぶどう品種名をラベルに表示したワイン。

 

▶ メリテージ(Meritage)

ボルドー原産の品種をブレンドしたボルドータイプの高品質ワイン。

 

▶ セミ・ジェネリック(Semi-Generic)

ヨーロッパの有名ワイン産地名がワインの銘柄に含まれているワイン。

 

アメリカの主要ワイン産地

【カリフォルニア州(California)】

アメリカ全土で12300あるワイナリーのうち、約4800がカリフォルニアにあり総生産量の約80%を占めている。ブティック・ワイナリーという小規模生産者も有名。カリフォルニア大学デイヴィス校はマイクロ・クラメットの研究を長年続けている。

カリフォルニアは5つの生産地域に大別されている。 ※要地図確認

▶ ノース・コースト(North Coast)

①ナパ・カウンティ(Napa County)

ナパ・カウンティのほとんどの部分はナパ・ヴァレーAVAに包括される。

ダイヤモンド・マウンテン ハウエル・マウンテン ラザフォード
カリストガ(最北端) ※ロス・カーネロス セント・ヘレナ
ヨーントヴィル オークヴィル クームズヴィル
ワイルド・ホース スタッグス・リープ

※ ナパ・ヴァレーの最南端であり、ソノマ・カウンティにも跨る

ダイヤモンド、山、馬、牡鹿、なんとかヴィル、あとは自力で

 

②ソノマ・カウンティ(Sonoma County)

ロシアン・リヴァー ドライ・クリーク ロックパイル
ナイツ チョーク・ヒル アレキサンダー
ムーン・マウンテン・ディストリクト

ロシアのドライカレー、ロックなナイツがチョークでサンダー月の山

 

③メンドシーノ・カウンティ(Mendocino County)

アンダーソン パイン・マウンテン~(ソノマにも跨る)

面倒なアンダーソン君、パインを食べる

 

▶ セントラル・コースト(Central Coast)

サンフランシスコ南部からサンタ・バーバラまで400kmある広大な産地で、

モントレー(Monterey)サン・ルイス・オビスポ(San Luis Obispo)を有する地域。サン・ルイス~はパソ・ロブレAVA(Paso Robles)が有名。

 

▶ セントラル・ヴァレー(Central Vallery)

海岸山脈とシェラネヴァダ山脈の間にあるカリフォルニア州最大の産地。ローダイAVA(Lodi)が有名。

 

▶ シエラ・フットヒルズ(Sierra Foothills)

ゴールドラッシュの舞台となったエリアで、フィロキセラによってほとんどの畑は打ち捨てられたが、ジンファンデルの畑は生き残り良質なワインを生産。

カリフォルニア・シェナンドアAVA(California Shenandoah)が有名。

 

【ワシントン州(Washington)】

カスケード山脈が南北に連なり、西側(太平洋側)にある産地は現在のところピュージェット・サウンド(Puget Sound)のみである。オレゴン州との境にコロンビア河が流れている。西側は雨の多い海洋性気候。東側(大陸側)は寒暖差が大きく乾燥した大陸性気候である。恵まれた気候条件から世界的に高い評価を受け、州内には900を超えるワイナリーがある。AVAの数は14.

白ぶどう生産量1位はホワイト・リースリング

ヤキマヴァレー(州内初) レッド・マウンテン(州内最小)
ルイス・クラーク・ヴァレー(最新) ワラワラ・ヴァレー(オレゴン州も)
コロンビア・ゴージ(オレゴン州も) コロンビア・ヴァレー(最大、オレゴン)

 

【オレゴン州(Oregon)】

生産の約6割がピノ・ノワールで、「オレゴン・ピノ・ノワールの父」と呼ばれるデイヴィッド・レットがウィラメット・ヴァレーでワイナリーを創設。

AVAの数は18.ワシントン州とは違い、カスケード山脈の西側(太平洋側)の方が産地が多く、東側(大陸側)にはザ・ロック~とスネーク・リヴァー・ヴァレーの2つしかない。

ウィラメット・ヴァレー(最大、最初) ダンディー・ヒルズ
ローグ・ヴァレー(最南端) スネーク・リヴァー(アイダホ州)
ザ・ロック・ディストリクト・オブ・ミルトン・フリーウォーター

※ワシントン州とオレゴン州にまたがるAVAは、コロンビア系とワラワラ・ヴァレー

 

【ニューヨーク州(New York)】

オランダ人によってマンハッタン島に初めてぶどうが植樹された。1950年頃からフィンガー・レイクス地方でシャルル・フルニエコンスタンティン博士によってヴィティス・ヴィニフェラ系を使っての真剣なワイン造りが始まった。

※フィンガー・レイクス ロング・アイランド
ナイアガラ・エスカープメント ハドソン・リヴァー
シャンプレイン・ヴァレー・オブ・ニューヨーク

カユガ・レイクセネカ・レイクというサブリージョンがある

 

【ヴァージニア州(Virginia)】

1820年代に、ダニエル・ノートン博士が交配に成功したノートン種から高品質ワインが造られるようになった。近年ではボルドー・ブレンドの赤ワイン、エレガントなヴィオニエが注目されている。

モンティチェッロ シェナンドア・ヴァレー
ノース・フォーク・オブ・ロアノーク ロッキー・ノブ
アパラチアン・ハイ・カントリー

※ ノース~はヴァージニア州